クリニックで処方される飲む発毛剤

クリニックで処方される飲む発毛剤
発毛剤比較 > クリニックで処方される飲む発毛剤

クリニックで処方される飲む発毛剤

薄毛対策の発毛効果が高いと言われているのは、やはり薄毛治療を行っているクリニックで処方される発毛剤です。

 

クリニックでは飲む発毛剤としてプロペシアという薬が処方されることが多く、実際に服用した方の中でもたくさんの方がその効果を実感していることで知られています。

 

クリニックで処方される薬は、ドラッグストアなどで購入することが出来ません。

 

処方薬の購入には処方箋が必要で、処方箋を出してもらう為にはクリニックで医師の診察を受ける必要がある為です。

 

薄毛治療を行っているクリニックでは、まずは薄毛の原因を調べてくれます。

 

その結果男性ホルモンの乱れで起こってしまう薄毛がAGAです。

 

AGAの治療には飲む発毛剤であるプロペシアが用いられることが多く、この薬を処方してもらう為にクリニックに通い始める方も少なくないとされています。

 

プロペシアは飲む発毛剤とも呼ばれており、経口摂取によって発毛効果を期待する薬です。

 

しかし、飲んですぐに効果があるというわけでもありません。

 

充分な効果を得る為にはやはり最低でも数か月の期間が必要となり、その間は定期的にクリニックに通うことになります。

 

もちろん、処方された発毛剤はきちんと飲むようにしなければなりません。

 

ある程度の期間発毛剤の使用を続けても症状の改善が見られない場合は、医師と相談して他の薬を試してみることになるでしょう。


自宅で発毛

 

今まで髪の毛が薄くなり悩んだ事がありませんでした。

 

どちらかと言うと毛量は多く、いつも美容院ではすいていました。

 

薄毛が気になり始めたのは産後の事です。

 

産後は抜け毛が多くなると聞いてはいましたが、想像以上でとてもショックを受けました。

 

髪の毛のボリュームがないだけで10歳近くも老けて見えるのです。

 

初めて本気で発毛について考えました。

 

発毛のサロンは数多くありますが年齢的に行くのは恥ずかしくあまりお金もかけられません。

 

自宅でどうにか発毛させる事はできないのか…薄毛の原因である頭皮のケアをする事にしました。

 

良く毛穴がつまっていると毛の成長期に栄養が足りず、成長が弱くなってしまうと聞きました。

 

その為お風呂の時に頭皮専用のクレンジングジェルを使用していました。

 

やり方は簡単です。頭皮にクレンジングジェルを擦り込み、少し時間を置いたら流します。

 

その後頭皮全体のマッサージをするのですが、マッサージ専用のブラシで頭皮を刺激していきます。

 

シャンプー、トリートメントは普通にして構いませんが流し残しがないようにしっかり流します。

 

毛穴の詰まりは薄毛の原因になります。

 

最後に市販の育毛剤をつけて終わりです。

 

これを毎日繰り返し、3ヶ月程で髪の毛が増えたと分かるようになりました。

 

今では大分毛量が増えたので育毛剤は使用していませんが、発毛の妨げにならないようにクレンジングジェルは使用しています。